crwdns2894164:0crwdne2894164:0
crwdns2876889:0crwdne2876889:0
crwdns2876914:0crwdne2876914:0

Nintendo 3DS XLの分解 2015年版

crwdns2869023:0crwdne2869023:0

= crwdns2892674:0crwdne2892674:0 = crwdns2861241:0crwdne2861241:0

    crwdns2858892:0devicecrwdnd2858892:0crwdnd2858892:0crwdne2858892:0

    crwdns2858894:0crwdne2858894:0

    crwdns2911300:0crwdne2911300:0

    crwdns2858896:0crwdne2858896:0

    crwdns2858883:0crwdne2858883:0

    crwdns2886927:01crwdne2886927:0

    私たちは夜通し、地元のゲーム店の前で発売前の列に加わり、この分解を皆さんにお届けします。 これで皆さんが楽しむためのお金は残されていません。

    crwdns2886927:02crwdne2886927:0

    ゲームキューブ時代以来の再デビューを果たしたことで、Cスティックを賞賛しましょう。Cスティックに栄光あれ。

    crwdns2886927:03crwdne2886927:0

    新3DS XLとその兄貴分でオリジナルの3DS XLのデザインを見比べてみましょう。

    crwdns2886927:04crwdne2886927:0

    少し見えにくいのですが、光沢のあるNew 3DS XLの外観には、非常に希薄なモアレパターンが付いています。

    crwdns2886927:05crwdne2886927:0

    そうです、ここで(今はマイクロ)SDカードを交換するための専用ドライバーが必要です。 簡単にドアへアクセスできる時代は過ぎ去りました。

    crwdns2886927:06crwdne2886927:0

    3秒でバッテリーの取り外しと取り付けができます。 Appleさん、すみませんがメモしてください。 こうやってやるんですよ。

    crwdns2886927:07crwdne2886927:0

    1度で2度美味しい分解です! 今までオリジナル3DS XLの分解を披露したことはありません(しかし、素晴らしい修理ガイドは沢山あります)。せめて、ここではバッテリーだけでもお見せしましょう。

    crwdns2886927:08crwdne2886927:0

    必要な作業は、爪をプッシュして小さなケースからマイクロSDカードを取り出します。 ほんの少しの努力でカードが出てきます。

    crwdns2886927:09crwdne2886927:0

    新3DS XLの中には、どんな "新しい"魔法が待っているのでしょうか? 確認してみましょう!

    crwdns2886927:010crwdne2886927:0

    さて、ここではどんなウロボロス現象が起こっているのでしょうか?

    crwdns2886927:011crwdne2886927:0

    一度内部に入ると、いつも期待に応えてくれるプラスネジドライバーのはずが、なぜか私たちを失望させ始めました。 ここに留められたネジが2つのサイズのちょうど中間のようです。

    crwdns2886927:012crwdne2886927:0

    マザーボードを取り出すと、microSDHCリーダーを自由に取り外せます。

    crwdns2886927:013crwdne2886927:0

    さて、マザーボードのアクションタイムです!

    crwdns2886927:014crwdne2886927:0

    マザーボードの背面にも幾つかおまけがあります。

    crwdns2886927:015crwdne2886927:0

    一旦休憩:懐かしさにかられて、素早く再組み立てをしてしまいました。

    crwdns2886927:016crwdne2886927:0

    皆さん、スライドパッドは一体どうやって機能するのか考えたことがありますか?なんと?実は、私たちも知りたかったのです!

    crwdns2886927:017crwdne2886927:0

    スライドパッドは、トレース付きの小型のドーナツ型PCB、バッキングプレート、およびバネ付きのX-Yスライダで構成されています。

    crwdns2886927:018crwdne2886927:0

    さて、ゲームカートリッジリーダーに移りましょう。 これはまさに、カートリッジリーダーの底に息を吹きかけて埃を払うという、古き良き時代を思い起こさせます。

    crwdns2886927:019crwdne2886927:0

    皆さん、ボタンボードが外れます!

    crwdns2886927:020crwdne2886927:0

    カートリッジリーダーを作業の邪魔にならない位置に寄せると、十字キーボタンを簡単に取り外せます。

    crwdns2886927:021crwdne2886927:0

    下側のスクリーンには大きな黒いフレームが付いていますが、それは恐らく乱暴なタップから防御する手段でしょう。

    crwdns2886927:022crwdne2886927:0

    下側のLCDを接着剤から剥がして取り出すのは、ちょっと勇気がいりますが、それほど難しくありません。 熱は不要です!

    crwdns2886927:023crwdne2886927:0

    これはデュアルスクリーンユニットです。さあ、次はスクリーン上部には何があるのか確認しましょう。

    crwdns2886927:024crwdne2886927:0

    3DS XLは基本的に巨大な折りたたみ式携帯電話のように作られています。

    crwdns2886927:025crwdne2886927:0

    カメラバーを外してみましょう。 あっ、ちょっとその前に。

    crwdns2886927:026crwdne2886927:0

    良いニュース:ディスプレイアセンブリはフレームに軽く接着されているだけなので、比較的簡単にフレームを開けることができます。

    crwdns2886927:027crwdne2886927:0

    フロントとリアのカメラバーを見てみましょう! 任天堂は、3台のカメラすべてを1本のバーとケーブルに搭載しました。

    crwdns2886927:028crwdne2886927:0

    Nintendo 3DS XL 2015のリペアビリティのスコアは10中5点です。(修理が最もしやすい指標が10点)

    crwdns2859191:0crwdnd2859191:0crwdnd2859191:0crwdnd2859191:0crwdne2859191:0