crwdns2894164:0crwdne2894164:0
crwdns2876889:0crwdne2876889:0
crwdns2876914:0crwdne2876914:0

iPad Air2 Wi-Fi バッテリーの交換

crwdns2869023:0crwdne2869023:0

= crwdns2892674:0crwdne2892674:0 = crwdns2861241:0crwdne2861241:0

      crwdns2858892:0devicecrwdnd2858892:0crwdnd2858892:0crwdne2858892:0

      crwdns2858894:0crwdne2858894:0

      crwdns2911300:0crwdne2911300:0

      crwdns2858896:0crwdne2858896:0

      crwdns2858883:0crwdne2858883:0

      crwdns2886927:01crwdne2886927:0

      iOpenerを電子レンジで約30秒間温めます。

      crwdns2886927:02crwdne2886927:0

      次の手順では薄いプラスチックカードをiPadの背面ケースとバッテリーの間に差し込んでスライドします。カードをできるだけ水平してスライドさせて、バッテリーを変形させないようにご注意ください。バッテリーにダメージを与えてしまうと危険な化学物質が排出される恐れがあります。

      crwdns2886927:03crwdne2886927:0

      プラスチックカードがバッテリーの上部に到達するまで、カードをバッテリー端に沿ってスライドします。

      crwdns2886927:04crwdne2886927:0

      2番目のプラスチックカードをバッテリー接点下に差し込みます。

      crwdns2886927:05crwdne2886927:0

      2番目のカードをバッテリー下部の端に差し込み、背面ケースに留められた接着剤を剥がします。

      crwdns2886927:06crwdne2886927:0

      バッテリー下にプラスチックカードを約5センチ奥まで差し込み、背面ケースから一番目のバッテリーセルを持ち上げます。

      crwdns2886927:07crwdne2886927:0

      バッテリーの底からカードを取り出して、2つのバッテリーが並列している繋ぎ目の下を通って、バッテリーと背面ケースの間をスライドします。

      crwdns2886927:08crwdne2886927:0

      バッテリーの下に差し込んだ1番目のカードをしっかりと掴み、出来るだけバッテリー下の奥まで差し込みます。

      crwdns2886927:09crwdne2886927:0

      上側のバッテリー右端の下から3番目のカードを差し込みます。

      crwdns2886927:010crwdne2886927:0

      カードを取り出してバッテリー上部端の下、iPadの左側コーナー付近に再度差し込みます。

      crwdns2886927:011crwdne2886927:0

      カードを取り出して中央付近のバッテリー先端の下から再度差し込みます。

      crwdns2886927:012crwdne2886927:0

      バッテリーを取り出します。

      crwdns2859191:0crwdnd2859191:0crwdnd2859191:0crwdnd2859191:0crwdne2859191:0