crwdns2894164:0crwdne2894164:0
crwdns2876889:0crwdne2876889:0
crwdns2876914:0crwdne2876914:0

開口方法

crwdns2869023:0crwdne2869023:0

= crwdns2892674:0crwdne2892674:0 = crwdns2861241:0crwdne2861241:0

      crwdns2858892:0devicecrwdnd2858892:0crwdnd2858892:0crwdne2858892:0

      crwdns2858894:0crwdne2858894:0

      crwdns2911300:0crwdne2911300:0

      crwdns2858896:0crwdne2858896:0

      crwdns2858883:0crwdne2858883:0

      crwdns2886927:01crwdne2886927:0 — スクリーンを温めます

      iPhoneの下側端を温めると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業がスムーズに進みます。

      crwdns2886927:02crwdne2886927:0 — 吸盤カップを装着します

      次の2つの手順では、修理頻度が高いかたにはお勧めの便利なツールiSclackの使用方法について扱っています。iSclackを使用されない場合は、代替手段を使用するため次の2つの手順をスキップしてください。

      crwdns2886927:03crwdne2886927:0

      iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを閉めて、デバイス本体のリアケースからスクリーンを少しずつ引き離します。

      crwdns2886927:04crwdne2886927:0

      ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。

      crwdns2886927:05crwdne2886927:0 — ディスプレイをわずかに持ち上げます

      吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。

      crwdns2886927:06crwdne2886927:0 — スクリーンの接着剤を切開します

      開口ピックを本体下側の左端周辺までスライドします。それから、ディスプレイに留められた接着剤を切開しながら端に沿って本体上側に向けて移動します。

      crwdns2886927:07crwdne2886927:0

      iPhoneの下側端に開口ピックを再度差し込みます。接着剤を切断しながら本体下側の右端より上部に向けてスライドします。

      crwdns2886927:08crwdne2886927:0

      ディスプレイの上部端は接着剤とクリップ両方によって固定されています。

      crwdns2886927:09crwdne2886927:0

      吸盤カップ表面についた小さなノブを引っ張り、フロントパネルから外します。

      crwdns2886927:010crwdne2886927:0 — iPhoneを開きます

      iPhoneのディスプレイを左側から右側に向けて(本のページをめくるように)開きます。

      crwdns2859191:0crwdnd2859191:0crwdnd2859191:0crwdnd2859191:0crwdne2859191:0